« 卓上野球機構のゲーム・コンポーネント | トップページ | 日米英同時破産、または首相とプロ野球 »

2010.04.25

2009 日本シリーズの結果

ええ、遅ればせではございますが、卓上野球機構・2009年日本シリーズの結果を掲載いたします。

記録部様、ありがとうございます。



 

 

【日本シリーズ 第1戦】

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Lions

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

0

 

0

Carp

0

0

0

 

1

0

0

 

0

0

X

 

1

西:平野-●谷中-許-小野寺

広:○ルイス-S永川

 

広島はルイス、永川の黄金リレーで、4回裏二死一三塁から東出のタイムリーで奪った1点を守り切り、完封勝利の好発進を飾った。

 

 

【日本シリーズ 第2戦】

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Lions

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

2

 

2

Carp

0

0

0

 

2

0

0

 

0

1

X

 

3

西:●涌井-大沼

広:○前田健-横山-シュルツ-S梅津

 

西武は涌井を先発に送り必勝態勢。逆襲に転じたいところだ。しかし広島は4回裏、アレックス、小窪のタイムリーで2点を先制8回裏にも栗原のタイムリーで1点加え、9回、梅津がGG佐藤に2ランを浴びたものの、逃げ切って連勝した。

 

 

【日本シリーズ 第3戦】

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Carp

0

0

0

 

0

1

0

 

3

0

0

 

4

Lions

3

3

0

 

0

0

0

 

0

0

X

 

6

広:●高橋建-コズロースキー-上野-宮崎

西:○岸

 

無抵抗のまま王手をかけられたくない西武。今日は序盤に打線が爆発した。初回に中島の3ランで先制すると、2回には4長短打で3点加え、広島の反撃を東出タイムリーの1点だけに抑え快勝した。

 

 

【日本シリーズ 第4戦】

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

10

11

 

R

Carp

0

4

0

 

0

0

0

 

0

0

2

 

0

2

 

8

Lions

0

3

0

 

1

0

0

 

1

1

0

 

0

0

 

6

広:大竹-梅津-大島-斉藤-永川-○シュルツ

西:帆足-星野-●グラマン-正津

 

広島は2回に一挙4点を挙げ試合の主導権を握ったかに見えたが、その裏、西武もすかさず反撃し1点差。さらに、着実に加点し逆転。このまま逃げ切るかに見えたが星野がつかまる。広島は9回に赤松、栗原のタイムリーで追い付き、延長11回、赤松の三塁打、アレックスのタイムーで2点を勝ち越し、王手をかけた。

 

 

【日本シリーズ 第5戦】

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Carp

0

2

0

 

0

0

0

 

1

0

0

 

3

Lions

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

X

 

0

広:○篠田-S梅津

西:●西口-大沼-キニー

 

もう後がない西武に致命的なミスが出た。2回に中村剛がエラー。広島はこれを足がかりに二死満塁とし、東出のタイムリーで先制守っては先発・篠田が好投し、西武打線を沈黙させた。広島、見事な日本一です。

 

西武は、クライマックスの疲れからか、5試合で4発と、自慢の大砲が今一つ。特にシーズン2冠王の中村剛が不発だったのが響いた。一方の広島は、本塁打なしだったが、連打で稼いだ点を投手陣の踏ん張りで守り切る展開が目立った。

|

« 卓上野球機構のゲーム・コンポーネント | トップページ | 日米英同時破産、または首相とプロ野球 »

2009 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卓上野球機構のゲーム・コンポーネント | トップページ | 日米英同時破産、または首相とプロ野球 »