« リアル 2010 シーズンが開幕したので・・・・ | トップページ | ルール Q&Aを整理しました »

2010.03.31

ルール VER 2.0  Q&A #2

みなさま、こんばんは。
Q&A その2でございます。

まず、半監督には、細かくルールブックを読んだ上で、的確なご質問をいただいていて、本当に感謝しております。
得るもの大でございました。

ありがとうございます。

[4.5]打席の手順

Q.
①バント宣言②盗塁宣言③守備側シフト④ヒットエンドランorバントorバスター
という順で良いのでしょうか?
A.
この順序です。

Q.
そこで確認ですが、
①バント宣言と②盗塁宣言は並存できるのか。企盗失敗の場合でもバントは可能なのか。バント宣言した場合は盗塁できないと書いてないので…
A.
ルール[4.5]にそう書いたつもりですが、つもりだけで、わかりにくい記述だったと思います。2009年からこの運用でしたから、あまりくどく書く必要もないかと思い、さらっと書いてしまいました。

[4.3] 攻撃側の作戦には、「バント」「ヒットエンドラン」「盗塁」「バスター」があります。同一打者の打席に選択できる作戦は、これらのうち1つだけです。例えば、「盗塁」を行った後、さらに「バント」を行う、あるいは「盗塁」を行ったあと「ヒットエンドラン」を行う、等はできません。 (例外:バスター。バントを選択した後、ヒッティングに切り替えることはできます。)

Q.
①バント宣言と②盗塁宣言は並存できるのか。
A.
できません。バントを宣言したらバントのみ、盗塁を宣言したら盗塁のみです。(2009年と同じ運用です。)

Q.
企盗失敗の場合でもバントは可能なのか。
A.
企図失敗の場合、バントはできません。(2009年と同様の運用です)

Q.
これまで、「攻撃側が守備体勢を確認」してからバント宣言をしていたが、これはできないということで良いのか。フローを見るとバント宣言の前に守備の確認はできないし、バント宣言せずに守備を確認したらその後はエンドランしかできないこととなります。ただし、バント宣言をした場合はエンドランはできない、つまりバントとエンドランの両てんびんは無いということになるのでしょうか。
A.
本件につきましては、まず前提に大きな誤解があると思われます。『これまで、「攻撃側が守備態勢を確認」してからバント宣言をしていたが、これはできないということで良いのか。』とありますが、もともと、「攻撃側が守備態勢を確認できる、あるいは、する」などという明文化されたルールは存在してないんですね。(可能であれば旧システムの原文をご参照ください。)ではなぜ、まず攻撃側が「守備は?」と守備側に尋ねるかというと、これは、一種のプレイヤー間の紳士協定みたいなものです。ランナーが出ると打席ごとにいちいち宣言せねばならず、守備側がうっかり守備態勢を宣言し忘れることが多く、バントをし放題になったり、バックホーム態勢をとりわすれたりで、興を殺ぐという運用上の問題を生じたために、自然発生的に、攻撃側がバントを企図するときに、紳士的に「バントしたいけど、守備態勢どうする?」と尋ねるようになったと思われます。で、こうなると結果として、守備側は相手のバント企図を知り、その上で守備態勢を敷くということになりますので、それであれば、打者側がバントの企図をまず宣言し、そのあと、守備態勢を決定するという風に明文化したほうがすっきりします。ですから、今回の手順のようになっています。

これはまったく余談になりますが、STRAT-O-MATIC BASEBALL のルール巻末には、ルールとは別に「スポーツマンシップ」なる1項がありまして、こんな風に書かれていました。

攻撃側はダイスを振る前に相手プレイヤーに作戦選択の適切な機会を提供すること。(たとえば投手交替、内野前進、ランナー牽制、敬遠等)こんな風に訪ねるとよいだろう。「内野は前進ですか、後退ですか?」「ランナーを牽制しますか?」と。

STRAT-O-MATIC は攻撃側のダイス1回振りで打撃を解決しますので、恐らく守備側が様々な作戦を選択する前に(あるいは忘れているのをいいことに)ダイスを振って打撃結果を有利に導くという行為を戒めたものでしょう。ですから、われわれの「守備は?」と尋ねる行為は、スポーツマンシップにのっとった崇高な行為(笑)だったんですね。

Q.
バント宣言の前に守備の確認はできないし、バント宣言せずに守備を確認したらその後はエンドランしかできないこととなります。ただし、バント宣言をした場合はエンドランはできない、つまりバントとエンドランの両てんびんは無いということになるのでしょうか。
A.
私の見解は、盗塁、バント、ヒットエンドランは三者択一である、というものです。まず、盗塁企図失敗したから、じゃあバントとか、バントしようと思ったけどやっぱりヒットエンドランというのでは攻撃側にあまりに自由度がありすぎると考えております。したがってバントを宣言したらヒットエンドランはできません。でも、ヒットエンドランはできてもいいんじゃないかと言われれば、そうかなという気もします・・・・いわゆる、バスターエンドランってやつですね。

Q.
盗塁を宣言し、盗塁に成功した場合は、打撃フローは最初からになるのか?(盗塁成功後、同じ打席で更に盗塁は可能なのか。あるいは2盗後に同じ打席でエンドランは可能なのか。盗塁成功後更に送りバントやスクイズは可能か。)

A.
[4.3] 攻撃側の作戦には、「バント」「ヒットエンドラン」「盗塁」「バスター」があります。同一打者の打席に選択できる作戦は、これらのうち1つだけです。例えば、「盗塁」を行った後、さらに「バント」を行う、あるいは「盗塁」を行ったあと「ヒットエンドラン」を行う、等はできません。(例外:バスター。バントを選択した後、ヒッティングに切り替えることはできます。)

これは、明確化する必要がありますね。ありがとうございます。確かに上記[4.3]の記述では説明不十分と思います。盗塁を企図して失敗した場合と、盗塁成功した後どうかというのが、この記述でははっきりわかりませんね。そのとおりです。ルール[4.3]の記述は、盗塁企図失敗を言っています。盗塁成功の場合、手順はリセットされ、①からとなります。


で、いろいろお答えしたのですが、すっきりさせるためには、シーケンスの記述を以下にしたほうが良いのかなと思いました。

1.守備側が守備態勢を宣言する
2.攻撃側は、盗塁、ヒットエンドラン、バント、通常の打撃解決のいずれかを選択する
3.盗塁を選択したとき、ただちに盗塁を解決する
 1)盗塁企図に失敗しスタートを切れなかったら、通常の打撃解決に移行する
 2)盗塁企図に成功したら、盗塁の結果が成功・失敗にかかわらず、1に戻り改めて打席を解決する。

注:攻撃側は守備側がダイスを振る前に守備態勢選択の機会を提供しましょう。「バント警戒ですか?」「内野守備態勢は?」といった風にです。

これでどうでしょうか?
半監督、ほんとにありがとうね!


|

« リアル 2010 シーズンが開幕したので・・・・ | トップページ | ルール Q&Aを整理しました »

新しいシステムへGo!」カテゴリの記事

コメント

ご回答ありがとうございました。
おかげで自分の頭の中で整理出来ていなかったものが大分明確になりました。今期の戦術にも活かせそうです。

来週には開幕ということで、戦力分析をしておりますが、やっぱり昨季のロッテは弱いですね~…
まぁ、今季は今のところ調子が良いようなので(良すぎという話もありますが)早くも来年に期待します。

投稿: 半 | 2010.04.03 12:54 午前

ご無沙汰しております。

ルールブックを読んでいて感じた事を一つ(表記方法ですが)。

現在は基本ルールと選択ルールが完全に分かれておりますが、基本ルールに割り込む形で選択ルールを記入するのはどうでしょう?つまり、初めてプレイする人にとって選択ルールを採用するとここからここまでのルールが置換されるということがわかりやすいのでは、と考えたからです。
また、基本ルールと選択ルールを並べて読むことによって、よりルールを理解しやすくなるとおもいますが、如何でしょうか。

今の表記の場合、ルールブックの番号で(例:[12.1~3]に該当)基本ルールとの置換部分を表すのも一つの方法と思います。

既に今シーズンは終わってしまった・・・・・ミスターKでした

投稿: ミスターK | 2010.04.04 07:47 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リアル 2010 シーズンが開幕したので・・・・ | トップページ | ルール Q&Aを整理しました »