« 2009 データ算出中 | トップページ | 野手 Run 分布 - E,F - »

2009.11.03

ノックアウトは少ないか?

いろいろとご提案をいただきありがとうございます。

タカ派監督の走力に関するご提案にからはいくつか気づきもいただきました。


ところで、寄せられたコメントの中に

「実際の野球ではノックアウトでもそんなに起きていない」

という一文がありまして、実際はどうなのかなと、ちょっと気になり、調べてみました。

ルールとは直接関係はしない分析です、との前提で、ご覧ください。

なにをもって”ノックアウト”というのか、明確な定義はないので、仮に、先発の責任回数と言われる5回をめどに過去4年間をみてみました。

下表は、先発した投手が何回で降板したか、その人数と構成比を示したものです。



年度

構成比

人数

5回未満

5回以上

5回未満

5回以上

2009

18%

82%

100%

319

1,409

1,728

2008

21%

79%

100%

365

1,363

1,728

2007

22%

78%

100%

377

1,351

1,728

2006

20%

80%

100%

340

1,352

1,692

20%

80%

100%

1,401

5,475

6,876

 

結果はご覧のとおりです。先発の5人に1人は5回を待たずに降板です。

一晩に6試合行われたら12人が先発します。そのうち2~3人が5回もたずに降板するということが、毎晩起きている計算です。

これをもって、ノックアウトは「そんなにない」と言うのか、「意外にあるんですね」と言うのかを、議論するつもりは、毛頭、ありません。

だって、ノックアウトの定義を3回未満に変えれば出現率はもっと下がりますからね。

つまり、前提となる定義がちがえば、議論は成立しません。

ここで言いたいのは、ルールや選手データの話題になったときに、やはり大切なのは実際のデータをきちんと見ることなのだなと、ということです。(私自身への自戒の意味で、言っています!)

ゲームシステムを構築したり選手データを算出する際には、感覚的に決めているわけではなく、データをベースに抽象化を行ってゆくわけで、その過程でさまざまなパラメータの取捨選択が行われます。また、データ算出には一定のロジックが必要であり、算出時に恣意が介入する余地は極力、排除する必要があります。同時に、そのロジックは(あるていどの)経年変化に耐えるものでなければなりません。

そういう姿勢で、データを算出しています。

|

« 2009 データ算出中 | トップページ | 野手 Run 分布 - E,F - »

新しいシステムへGo!」カテゴリの記事

コメント

興味深いデータをありがとうございます!
確かに、スポーツニュースを見ていると、1日で2~3人ぐらいは打ち込まれているような気がします。

これは、ゲームプレイの結果で検証できますよね。

・ノックアウト(5失点以上)
・谷間の先発(+2とか)を早期交代 
・アクシデント(アンクルなど)

あわせて20%付近ならば問題ないということになるかと思います。

勘では、おそらく現状の先発ルールで機能しているのではないかと思うのですが…。

投稿: ま | 2009.11.04 08:50 午後

データの提供ありがとうございます。ところでこれは、セ・パ合計でしょうか?
セとパでは継投に明らかに差がありますので、別に見る必要があるのではないかと…

5試合に1試合というのはどうも私の感覚に合わないので、今年のロッテで調べてみました。
(対パ・リーグのみ)
4月 9勝13敗  4/22
5月 8勝7敗  2/15
6月 2勝2敗  1/4
7月 7勝17敗  3/24 
8月 10勝14敗 4/24
9月 16勝9敗  2/25
10月 1勝3敗  1/4

合計で17/118 ほぼ7試合に1試合です。
感覚的なズレはこれが原因だったのではないかと思います。
バレンタインは責任投球回を投げさせる監督だったということでしょう。


ここからは、個人的な見解ですが…

打たれることによってデータが悪くなるというシステムだと、データが悪い投手ほど、実際の成績よりも悪くなります。

極端な例を考えると、S1左右HB-5の投手が居た場合、最初の失点も完封扱いで修正を受けないことを考えると、ほぼ毎回のように完投することになるでしょう。
一方で、S9左右HB+5の投手が居た場合、打ちこまれてデータが悪くなることで、9回投げきれないのは目に見えています。

つまり、打たれることでデータが悪くなるシステムは、必要以上に弱い投手に不利なシステムだということです。

そこで、弱い投手でも何とか責任投球回は投げきれるように、Sが切れるまでは修正無し、ということを考えた次第です。
あるいは悪化しても+3で止まる等の救済ルールがあれば良いのかもしれませんが。

投稿: 半 | 2009.11.05 10:56 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009 データ算出中 | トップページ | 野手 Run 分布 - E,F - »