« 昨年までのシステム検証(併殺打) | トップページ | コミッショナーのためのレイズ講座 »

2009.05.18

メジャー志向?

コミッショナーはやはりメジャー志向だったんですね。(笑)

なんで日米犠打比較表を作ったかというと、メジャーのデータ算出を少しずつやっているのですが、SACを計算したら"A"が40人、"A&B"が1人、"C"が114人、あとは全部"D"だったんです。選手、1189人もいるのにですよ。

ん、計算式のミス? と思ってみてみたら、この表のような結果だったという次第です。

昔の英語版の犠打表だと全然バントする気がおきなくて、現在のオリジナル「まさゆき犠打表」に切り替えて、ようやく日本プロ野球っぽく犠打ができるようになりましたけど、野球の質がこんなに違うのでは、当然だったかなと思いますね。

メジャー志向のコミッショナー、いっそのこと横浜から、メジャー中最低の(ということはおそらく世界最低の)犠打数を誇るレイズに乗り換えたらいかがでしょうか?

バントかエンドランか、などという葛藤に悩まされることも、もうありません。
すがすがしい気分で、誰に気兼ねすることもなく「エンドラン!」を連呼できると思います。

(あ、でも、葛藤なんか、最初からないか・・・)

|

« 昨年までのシステム検証(併殺打) | トップページ | コミッショナーのためのレイズ講座 »

新しいシステムへGo!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨年までのシステム検証(併殺打) | トップページ | コミッショナーのためのレイズ講座 »