« 7月13日定例結果 | トップページ | ダイスタワーを作ってみました -事務局日記 51- »

2008.08.14

8月10日定例結果

2008年シーズンも残り20試合強となり、いよいよ終盤戦に突入する。
CS出場が濃厚なのはどのチームか。



セ・リーグ


TM

監督

巨人

40

24

13

3

.649

-

22

ハタ坊

中日

42

25

16

1

.610

1.0

20

モリタニ

ヤクルト

41

23

16

2

.590

1.0

21

”ま”

阪神

43

21

22

0

.488

4.0

19

金吾

横浜

42

17

25

0

.405

3.5

20

モジ

広島

40

10

30

0

.250

6.0

22

NPC

 

ジャイアンツは8月定例でも首位をキープしたが、予断を許さない。あの野間口投手がついに故障で戦線離脱。ハタ坊監督は「一回登板が減るだけ。すぐに回復する」と表面上は冷静を装うものの、一抹の不安もあるはず。残り20試合強での1試合は意味合いが違ってくる。ここまで故障者も少なく、比較的順調に戦力を維持していただけに終盤主力組にトラブル続出とならないことを祈るばかりだ。

このところ好調なドラゴンズはスワローズを抜いて2位に浮上。ここまでベイスターズに7戦負けなしなのがその原動力。ベイスターズ戦では3試合も逆転サヨナラ本塁打で勝っており「もはやベイには負ける気がしない」とモリタニ監督も強気である。次回9月定例では、ジャイアンツと4試合、スワローズと3試合が組まれており、ここでシーズンの帰趨があらかた定まるであろう。

スワローズは3位に後退したものの首位とのゲーム差はわずかに2。まだまだ1位ゴールのチャンスは十分にある。古田プレイングマネージャーも「監督に専念する」と決断し執念を見せている。

タイガースはまたもや5割の壁を破れず。残り20試合を切り、いよいよCS出場にも暗雲が漂いはじめた。久保田の全試合登板などにうつつを抜かしている場合ではなくなってしまった。(その久保田の記録も途絶えてしまったようだ。)次回9月定例では頭上の敵スワローズとの連戦でスタートしそのあとカープと6連戦。もうここで8連勝する覚悟でゆかないと、CS戦線は遠のくばかりである。勝率2割5分のカープが相手なら楽勝と思われるが、油断していると足元をすくわれかねない。

カープはやっと10勝ラインに到達しました。

 

パ・リーグ


TM

監督

千葉

41

26

14

1

.650

-

21

福岡

39

20

16

3

.556

4.0

23

キシダン

東北

38

20

16

2

.556

0.0

24

NPC

西武

38

17

20

1

.459

3.5

24

GTO

オリックス

36

16

20

0

.444

0.5

26

まさゆき

北海道

37

12

22

3

.353

3.0

25

コタカハシ

 

8月定例では珍しくマリーンズが不調で4連敗。しかしながらこれまでの貯金がものを言い2位とのゲーム差はいまだに4。首位の座は小揺るぎもしていない。残り20試合をこのまま突っ走ってしまうのは確実と思われる。

ホークスも手堅く2位をキープ。しかもマリーンズの不調を巧みにとらえてゲーム差を前回定例から1.5も詰めている。残り23試合でこの差をひっくり返すのはマリーンズの戦いぶりからみるとかなり苦しいが、それでもまだまだ諦めるわけにはゆかない。キシダン監督はやる気である。

そして同率で2位に並ぶのが奇跡のイーグルス。リアルより早くCSに出場してしまいそうな気配すら漂う健闘ぶり。正規監督がいないこのチームがCSに出てしまったらどうなるのか? 早くもベイのモジ監督がイーグルスCS出場の際には指揮をとらせてほしいと、水面下でフロントに接触している模様だ。ベイが駄目だから、イーグルスでシーズンを最後まで楽しもうという魂胆のようである。イーグルスのフロントはこの件に関しノーコメントとしている。

ライオンズは借金を二つ減らして4位へ浮上。2位との差は3.5ゲームであるが、イーグルスがNPCであることを考えると、十分にチャンスはあるのではなかろうか。弱体中継ぎ陣を補う必勝の采配を監督に期待したい。

バファローズは5位に転落し借金も増加。リーグ内のポジションはライオンズと大差ないわけで、標的はやはりイーグルスか。マサユキ監督は昨シーズンのイーグルス監督。古巣の躍進に思いは複雑なはずである。自分が去ったあとにいきなりCS出場では面目丸つぶれである。なんとしても阻止しなければならないはずだ。

ファイターズは8月反攻もならず。借金も前回定例からひとつ増やしてとうとう2桁に。昨年のリアル首位データでなぜにこの惨状。原因は貧打線につきるというのが衆目の一致するところではある。かくなる上は「貧者の核爆弾」的な常識を覆す采配に期待したい。

|

« 7月13日定例結果 | トップページ | ダイスタワーを作ってみました -事務局日記 51- »

2008 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

いつも更新ありがとうございます。
残りを勝率5割キープできれば1位通過できますかね~。

今年こそは日本シリーズに行きたいなぁ。

投稿: 半 | 2008.08.20 12:08 午前

中日監督様は自ら「逆転のモリタニ」を名乗っておられましたなあ。

それにしても、横浜戦は「ダイス・タワー」を採用してほしいものです。
ピンピンあんなに出されたら勝てません・・・。

来月参戦ピンチのツバメ監督より

投稿: ま | 2008.08.20 11:56 午後

ピッチングの時には利用したい。

投稿: FOREST | 2008.08.21 03:32 午前

>常識を覆す采配に期待したい。

ローテを金村中心に回すとか、「4番 田中幸雄」とか?

投稿: コタカハシ | 2008.08.21 09:50 午後

全然本文と関係なくて済みません。

http://number.goo.ne.jp/baseball/mlb/column/20080918-1-1.html

こちらの「セイバーメトリクス」について、是非ご解説いただきたく!

投稿: Locker | 2008.09.19 10:18 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月13日定例結果 | トップページ | ダイスタワーを作ってみました -事務局日記 51- »