« 交流戦終了 | トップページ | 7月13日定例結果 »

2008.06.28

6月22日定例結果

6月定例は変則で第4日曜日に開催。
ペナントレースはリーグ戦が再開し、後半戦に突入した。

※次回定例会は、7月第2日曜日の予定です。



セリーグ


TM

監督

ヤクルト

29

18

9

2

.667

-

33

”ま”

巨人

25

13

10

2

.565

3.0

37

ハタ坊

中日

29

16

13

0

.552

0.0

33

モリタニ

阪神

27

13

14

0

.481

2.0

35

金吾

 

横浜

27

13

14

0

.481

0.0

35

モジ

広島

25

5

20

0

.200

7.0

37

NPC

 

スワローズは前回定例終了時点の貯金9をそのままキープし、あいかわらず首位を快走している。追うジャイアンツ、ドラゴンズも順位はかわらない。その差は3ゲームでまだまだ射程圏内。交流戦も終了し、ペナントレースも後半戦に突入。上位チームにとっては1試合の重みが変わってくるだろう。

タイガースは再び5割を割り込んだ。眼の上の敵、ドラゴンズとの3連戦を負け越したのが痛かったか。

ベイスターズは交流戦での善戦から借金1まで来た。次回定例で貯金ができるかで今シーズンの帰趨が定まるかもしれない。

カープはどうしてしまったのか。NPCは強いはずなのに・・・・。

 

パリーグ


TM

監督

千葉

24

17

7

0

.708

-

38

福岡

27

16

9

2

.640

1.5

35

キシダン

東北

25

11

12

2

.478

4.0

37

NPC

オリックス

26

11

15

0

.423

1.5

36

まさゆき

西武

25

10

15

0

.400

0.5

37

GTO

北海道

24

8

13

3

.381

0.0

38

コタカハシ

 

上位2強は今回も揺るがなかった。マリーンズ強し!半監督は今回も不在であったが、それでも楽々首位をキープとは。うらやましい限りです。

そして3位になんとイーグルスが浮上。同じNPCでもセのカープとはえらいちがい。この差はどこから来るのでしょうか?

バファローズの借金4までふくらんだ。もう一歩もひけまい。次回定例は正念場であろう。

そしてライオンズは急降下。前回定例終了時には借金1でかろうじて3位に踏みとどまっていたが、とうとう破断界に達したか。現在9連敗中でいまだ光明は見えない。

ファイターズはあいかわらずの最下位だが、獅子の尻尾は見えてきた。まずこれを捕まえ、浮上のきっかけをつかみたい。

|

« 交流戦終了 | トップページ | 7月13日定例結果 »

2008 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 交流戦終了 | トップページ | 7月13日定例結果 »