« 米国での野球ゲームのプレイ風景 | トップページ | 期待の新外人 ブラゼル »

2008.03.16

ダル versus マーくん

「fe1.pdf」をダウンロード

フレッシュな二人が、いきなり開幕投手同士で投げ合った。パ・リーグの新たな名勝負の始まりか?
Daruma_2



入団3年目にして早くもリーグを代表するエースの風格すら漂い始めたダルビッシュ有と、弱体楽天投手陣の救世主と期待されるゴールデンルーキー、マーくんこと田中将大。二人がいきなり開幕戦で激突。両者一歩も譲らぬ気迫のピッチングを展開した。

 

TM

 

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

10

11

12

 

R

EAGLES

 

1

0

0

 

0

0

1

 

0

2

0

 

0

0

0

 

4

FIGHTERS

 

0

0

2

 

0

0

2

 

0

0

0

 

0

0

0

 

4

 

先制したのはイーグルス。初回、先頭打者草野がいきなりダルビッシュの初球ストレートをセンター前にはじき返す。2番渡辺はサードゴロで草野は封殺されるが、渡辺がすかさず2盗でダルをかく乱。5番フェルナンデスがライト前へ先制タイムリーだ。セギノール、田中賢の連続2塁打を足がかりに2点を奪い逆転。これがマーくんのプロ初失点だ。

ダルビッシュのデータをもってすれば1点のリードでも十分と思われたが、6回、イーグルスは代打憲史の三塁打で追いつく。その裏、ファイターズは金子のツーランで再びリード。しかしダルビッシュはいまいピリッとせず、8回に再び同点とされ、試合は延長戦へ突入。結局、引き分けに終わった。

ダルビッシュは11安打5四球と毎回のようにランナーを出し、波に乗り切れなかったが、それでも13奪三振を奪い要所を締めて、マウンドを守り切った。いっぽう、プロ入り初マウンドが開幕戦という重圧からか、楽天・田中も被安打11、6四死球という内容であったが、こちらも先輩、ダルに負けず、12回を投げ抜いた。

こうなってくると、次の対戦が実に楽しみになってくる。パ・リーグの新しい名対決の幕開けであろうか。


↓スコアテーブルはこちらからご覧になれます
「fe1.pdf」をダウンロード

|

« 米国での野球ゲームのプレイ風景 | トップページ | 期待の新外人 ブラゼル »

2008 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

しかし、山崎、鉄平で8三振とは・・・・danger

投稿: 事務局長 | 2008.03.16 02:40 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米国での野球ゲームのプレイ風景 | トップページ | 期待の新外人 ブラゼル »