« 2007 ペナントレース 最終結果 | トップページ | 2007 クライマックス パ »

2007.12.09

2007 クライマックス セ

セリーグ、クライマックス・シリーズの結果です。

ジャイアンツは打倒・金吾ならず・・・・。



セ・リーグ クライマックス・シリーズ

1st ステージ 阪神 VS 巨人

7月16日 クライマックス・シリーズ 第1ステージ 第1戦

TM

 

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

巨  人

 

0

0

2

 

0

0

2

 

1

2

0

 

7

阪  神

 

0

0

0

 

0

0

0

 

1

0

0

 

1

G ○姜  T ●井川

本塁打:高橋由1号、二岡1号、矢野1号、小久保1号、2号(井川)

巨人は、3回に高橋由、二岡の連続ソロで先制、6回に小久保の2ラン、7回に矢野のソロ、8回に小久保ソロで点を加えて圧勝した。阪神は、7回に相手セカンドのエラーにつけこんで1点返したにとどまった。

 

7月17日 クライマックス・シリーズ 第1ステージ 第2戦

TM

 

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

巨  人

 

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

0

 

0

阪  神

 

0

1

0

 

0

0

0

 

0

0

X

 

1

G ●内海   T ○ダーウィン-ウィリアムス-S藤川

巨人は、初回に李敬遠後の二死一二塁で小久保のヒットが出たが、三塁どまり。3回には、矢野、高橋由の連打で無死一三塁としたが、併殺などで無得点。5回以降は、阪神の継投に抑えられ、1安打に終わった。阪神は、2回に相手ライトの落球で無死二塁とし、鳥谷のタイムリーで得た1点を守りきった。

 

7月18日 クライマックス・シリーズ 第1ステージ 第3戦

TM

 

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

巨  人

 

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

0

 

0

阪  神

 

0

0

0

 

0

0

0

 

1

1

X

 

2

G ●パウエル-豊田   T ○杉山-S藤川

巨人は、2回の無死二塁を逃した後、7回には併殺の後、木村拓のヒットで二死一三塁としたが無得点。8回にも一死一二塁としてクリンナップを迎えたが、ここまで3安打の李が三振するなど、反撃ならなかった。阪神は、7回に二死一二塁から関川がしぶくタイムリー、8回にも金本、鳥谷の長短打で1点を加えて逃げ切った。

 

2nd ステージ 中日 VS阪神

7月21日 クライマックス・シリーズ 第2ステージ 第1戦

TM

 

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

阪  神

 

0

0

1

 

0

0

0

 

0

0

0

 

1

中  日

 

0

0

0

 

0

0

1

 

3

0

X

 

4

T 福原-●桟原-下柳   D ○川上-S岩瀬

本塁打:福留1号(福原)

中日は、6回に福留ソロで追いつき、8回には、谷繁、立浪の長短打で1点、二死後に福留の二塁打で2点を加え、勝ち越しに成功。阪神は、3回に金本タイムリーで先制したものの、鳥谷のヒットで本塁をついた金本がアウトになると、4回以降は音無し、ヒット1本に抑えられた。

 

7月22日 クライマックス・シリーズ 第2ステージ 第2戦

TM

 

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

阪  神

 

1

1

2

 

1

0

0

 

0

0

0

 

5

中  日

 

2

0

1

 

0

0

0

 

0

0

X

 

3

T ○井川   D ●山本昌-久本-岡本-小林正

本塁打:矢野1号(山本昌)、ウッズ1号、荒木1号(井川)

阪神は、2-2の3回、矢野の2ランで勝ち越し、その裏、荒木のソロで1点返されたが、すぐに直後の4回、シーツ、金本の短長打で1点加え、立ち直った井川が4回以降、1安打に抑えて反撃を許さなかった。

 

7月23日 クライマックス・シリーズ 第2ステージ 第3戦

TM

 

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

阪  神

 

0

0

1

 

0

1

0

 

0

0

0

 

2

中  日

 

1

0

0

 

1

0

0

 

0

0

1

 

3

T 安藤-ウィリアムス-●桟原   D ドミンゴ-鈴木義-平井-○石井

本塁打:関本1号(安藤)

2-2同点の9回裏、中日は、8回から登板の桟原を攻め、谷繁が二塁打、二死を取られたものの、荒木が渋くヒットし、サヨナラ勝ちした。

 

7月24日 クライマックス・シリーズ 第2ステージ 第4戦

TM

 

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

阪  神

 

0

0

0

 

1

0

2

 

0

0

0

 

3

中  日

 

0

0

0

 

0

0

0

 

2

0

0

 

2

T ○ダーウィン-福原-S藤川  D ●朝倉-久本-小林正-川上

本塁打:福留2号(福原)

阪神は、4回に二塁打の関本を赤星が送り、浜中の犠牲フライで先制。6回には、林ヒットの後、三塁エラーから無死二三塁となり、関本、金本のタイムリーで2点を追加した。7回裏、替わった福原が福留に2ランを浴びたが、8回から送った藤川が反撃を封じた。中日は、2回に3四球で作った二死満塁、5回の無死一三塁を生かせなかったのが痛かった。

 

7月25日 クライマックス・シリーズ 第2ステージ 第5戦

TM

 

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

阪  神

 

3

0

0

 

0

0

0

 

0

0

0

 

3

中  日

 

0

0

0

 

0

2

0

 

1

0

0

 

3

T 杉山-桟原-藤川-ウィリアムス

D 佐藤充-山本昌-鈴木義-小笠原-平井-岩瀬-岡本-川上

阪神は、初回、1安打2四球で一死満塁とし、シーツの二塁打で走者を一掃、3点を先制して優位に立ったかに思われた。しかし、5回の無死一三塁を逃したのが流れを変えた。中日は、早め早めの小刻みな継投で、走者を許しても点を許さず、5回に4安打1四球で2点を返し、7回には井端、福留の長短打で追いついた。その後、両者ともチャンスらしいチャンスを作れず、結果は引き分け、公式戦1位通過の中日が日本シリーズ出場となった。

 

【記録・記事:卓上野球機構 記録部】

|

« 2007 ペナントレース 最終結果 | トップページ | 2007 クライマックス パ »

2007 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007 ペナントレース 最終結果 | トップページ | 2007 クライマックス パ »