« 【事務局日記 34】 | トップページ | スワローズ痛恨の一戦 »

2007.10.27

10月14日 定例結果

セ・パ両リーグとも、クライマックス・シリーズ出場チームが確定した。



パ・リーグ


TM

監督

西武

71

45

26

0

.634

-

1

GTO

 

千葉

70

42

27

1

.609

2.0

2

 

北海道

66

37

27

2

.578

2.5

6

コタカハシ

 

オリックス

65

29

36

0

.446

8.5

7

NPC

 

福岡

68

28

40

0

.412

2.5

4

キシダン

東北

64

19

44

1

.302

6.5

8

まさゆき

 

ライオンズは首位が確定。マリーンズ、ファイターズもCS出場を決めが、順位は確定していない。マリーンズは最後まで首位通過に執念を燃やしたがかなわず。CSでの半監督の采配やいかに、といったところであろうか。

イーグルスも8試合を残して最下位が決まった。開幕前、勝率5割を目標に掲げたまさゆき監督。しかし今や3割も危ない状況に立ち至っている。切腹か?

ホークスはBクラスが決まり、監督もショックを隠せない様子であるが、「済んでしまったことは仕方がない。無論、順位はひとつでも上げたいが、あわせて、残り試合は若手育成も考えながらの起用となるだろう」と、早くも来シーズンへの復権にむけ、気持ちを前向きに切り替えている。

 

セ・リーグ


TM

監督

中日

72

48

24

0

.667

-

0

ハタ坊

阪神

71

38

31

2

.551

8.5

1

金吾

巨人

71

34

34

3

.500

3.5

1

モリタニ

ヤクルト

71

32

35

4

.478

1.5

1

”ま”

 

広島

66

25

37

4

.403

4.5

6

コバヤン

 

横浜

69

26

42

1

.382

2.0

3

モジ

 

こちらは上位3チームの順位まで確定した。ドラゴンズは他の追随を許さず、8.5ゲーム差で悠々とリーグ優勝。僅差で2位を争うタイガースとジャイアンツは、終盤でジャイアンツが失速。一時は、ジャイアンツが残り1試合を落としスワローズが残す2試合に全勝した場合、3位の座を明け渡すという崖っぷちまで追い詰められたが、スワローズがタイガース戦を落としたため、かろうじて3位を決めた。そのスワローズは4位確定。昨シーズンの覇者ベイスターズは振るわず、カープに抜かれ最下位に転落。残り試合はカープのほうが多く、ベイスターズ最下位の目が出てきた。そうなれば、またぞろ監督の責任論が浮上し、ストーブリーグの目玉となることだろう。

 

というわけで、次回例会(11月第2日曜日)は少なくともセリーグは、クライマックス開幕となりそうです。

 

|

« 【事務局日記 34】 | トップページ | スワローズ痛恨の一戦 »

2007 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【事務局日記 34】 | トップページ | スワローズ痛恨の一戦 »