« 【事務局日記 29】 | トップページ | 一場投手が男の修行 »

2007.07.13

学士監督がリアル原監督に憑依!



本日、夕刊フジを読んでいたら、とんでもない記事が。まるで学士監督がリアル原監督に憑依したかのような現象が起こっているようです。見出しが学士監督を髣髴とさせるぞ!

6連敗

鬼人事

1度ダメなら即2

久保、野間口・・・若手“力”発揮できず

悪夢再び

 


記事の内容は、「1軍に昇格したばかりの久保が11日の阪神戦で1度打たれたら」速攻で2軍に落とされる、野間口も同様で、これでは「若手にプレッシャーがかかり、結果が出せなくなる」というもの。「エラーした脇谷も即座に2軍」と血祭りにあげられており、まるで「ヒステリックな懲罰人事」だとのこと。原監督は選手を名指しで批判し、本人は愛の鞭のつもりかもしれないが、かえって選手が萎縮するだけで逆効果であろう、という。記事を読んで(会社帰りの電車の中であるのも忘れ、)思わず吹き出してしまったでありますよ、軍曹(事務局長)は。なんか、学士監督そのままじゃないですか?これも、卓上野球のジュマンジ効果のひとつでしょうか、ね、学士監督?

夕刊フジ

|

« 【事務局日記 29】 | トップページ | 一場投手が男の修行 »

2007 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

優秀かどうかは別として、同じような能力の選手が多数いるとこうなっちゃうんでしょうねえ。
ジュマンジ効果というより、現実でたまに見かける懲罰起用を誰もやってこなかっただけかも。

投稿: 酩将がくし | 2007.07.14 08:20 午後

>現実でたまに見かける懲罰起用を誰もやってこなかっただけかも

そうですね。相手はカードと数値だからね・・・・。

投稿: 事務局長 | 2007.07.15 02:41 午前

火あぶりは、見たことがあるけど。

投稿: WOOD | 2007.07.15 10:35 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【事務局日記 29】 | トップページ | 一場投手が男の修行 »