« 2007シーズン開幕! | トップページ | 3月定例結果 順位表を訂正 »

2007.03.12

2006 日本シリーズ

2006 シーズン ソフトバンク優勝の軌跡です。



 

7月16日 日本シリーズ第1戦

 

 

 

 

福岡

0

1

0

 

0

1

0

 

0

0

0

=

2

 

 

 

 

横浜

1

0

1

 

0

0

0

 

0

2

X

=

4

 

 

 

 

H○三浦
B●杉内
本塁打:バティスタ1号(三浦)、内川1号(杉内)、種田1号(杉内)

 横浜が先行し、ソフトバンクが追いつく展開で迎えた8回裏、横浜は、二死一塁から種田がスタンドに打ち込んで勝ち越し、9回表は、三浦がクリンナップを三者凡退にしとめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月17日 日本シリーズ第2戦

 

 

 

 

福岡

0

1

2

 

2

0

0

 

0

0

1

=

6

 

 

 

 

横浜

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

0

=

0

 

 

 

 

H○和田
B●門倉-加藤-川村-飯田-木塚
本塁打:城島1号(門倉)

 ソフトバンクは、2回に松中、カブレラの二塁打で先制、3回に城島、松中の長短打で2点、4回にも城島の2ランで2点を加え、前半で大勢を決めた。横浜は、散発5安打で和田に牛耳られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月20日 日本シリーズ第3戦

横浜

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

0

=

0

福岡

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

1

=

1

B●土肥
H○斎藤和
本塁打:城島2号(土肥)
 分水嶺となった試合。緊迫した投手戦となった延長へともつれ込んだ。横浜は、12回表、初めて連打し、(2~7で躊躇)一死一三塁としたが、村田が併殺に取られ、勝ち越しならず。一方のソフトバンクも、連打がなかったが、14回裏、城島が失投を逃さず、スタンドに叩き込んでさよならとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月21日 日本シリーズ第4戦

 

 

 

 

横浜

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

0

=

0

 

 

 

 

福岡

1

0

1

 

0

0

0

 

6

0

X

=

8

 

 

 

 

B●セドリック-加藤-川村-秦-ホルツ
H○馬原
本塁打:松中1号(川村)、カブレラ2号(秦)

 ソフトバンクは、初回に一死一三塁から松中の犠牲フライで先制。横浜は、なかなか点が取れず、(2回に佐伯のソロが消される)、継投で必死に防戦したが、7回裏、三番手の川村が松中に3ランを食らうなど、5失点の乱調、大きく突き放された。結局、ソフトバンクが王手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月23日 日本シリーズ第5戦

 

 

 

 

福岡

1

0

2

 

0

0

0

 

0

2

0

=

5

 

 

 

 

横浜

0

0

0

 

0

0

1

 

1

1

0

=

3

 

 

 

 

H○杉内
B●三浦-吉見-川村
本塁打:ズレータ1号(川村)、金城1号(杉内)

 ソフトバンクは、初回に一死一三塁から松中の犠牲フライで先制という、前の試合と同じ展開。3回には、二死満塁からズレータの二塁打で2点を加えた。横浜は、6回裏、相手の失策につけこんで、28イニングぶりに得点、7回には、無死から種田、村田、鶴岡の3連打で1点とったが、知りつぼみ。逆に、直後の8回表、川村が痛い2ランを浴びてしまった。それでも、8回裏、金城のソロで反撃、二死一二塁まで追いすがったが、そこまで。杉内を最後まで攻略し切れなかった。

 

 

|

« 2007シーズン開幕! | トップページ | 3月定例結果 順位表を訂正 »

2006 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007シーズン開幕! | トップページ | 3月定例結果 順位表を訂正 »