« 2007 監督決定 | トップページ | 卓上野球機構 球団監督に聞く 第二弾 »

2007.02.17

卓上野球機構 球団監督に聞く 第一弾

卓上野球機構は各球団の監督が決定。各チームは開幕に備えて約1カ月間、調整に励む。11球団の監督がペナントレースへの意気込みを語ってくれた。今回はその第一弾。

福岡ソフトバンク、東京ヤクルト、横浜、楽天、巨人、阪神 各監督のスローガンと公約です。



 

■ 福岡ソフトバンク・ホークス キシダン監督

 

チームスローガン 「能ある鷹は爪を出せ」

公約は、先発4本柱で30勝、松中首位打者最多四死球である。若手の選手には松中、和巳たちの背中を見て、話を聞いて、学んでほしい。我々は運命共同体。何とか気持ちを一つにして、クライマックスシリーズを制したい。

 

■ 東京ヤクルト・スワローズ  “ま”監督

 

チームスローガン 「メジャーのチカラ with "F"

こんにちは。2007年、ヤクルトスワローズの試合進行を担当いたします、作戦担当コーチの“ま”です。なお、当チームの「監督」職はあくまで古田PMの名義となっております。あしからずご了承のほどよろしくお願いいたします。

ラミ、ゴン、リグ、ラロ、一休、タカツ、木田、岩村、青木、藤井、石井ゴリといった、過去~未来まで(妄想含む)のメジャー組が暴れまわります!!さらに、それを支える我らが古田PM!魅力的な打撃能力に加え、なぜか走塁も優秀らしいので、さまざまな場面で切り札として登場することでしょう。マスクはあまりかぶらないかもしれないですけどね・・・。

公約としては、昨シーズン、浜のヒトデに奪われたセリーグ東地区の優勝旗を奪還します!そうすれば、ポストシーズンにも出場できるでしょう。

 

■ 横浜ベイスターズ  モジ監督

 

チームスローガン 「めざせ!100発」

ホームランを打って打って打ちまくって、せめて野球を楽しみたい。公約?連覇!に決まっとろうが(建前)。 本音はAクラスには入れれば...。

 

■ 東北楽天ゴールデンイーグルス  まさゆき監督(野球学士)

 

チームスローガン 『無形の力を養う』

ウム、ハタ坊監督から楽天を引き継いだ学士監督や。メディアが新監督の意気込みを知りたい、ということなので述べさせてもらいますわ。まずチームスローガンは『無形の力を養う』や。強いチームには優れた成績の選手がたくさんおる。けれども、優れた選手に恵まれないチームが強いチームと対抗するには目に見えない力、すなわち無形の力で補うしかないんや。とはいえ、無形の力を活用するのは簡単やない。一歩間違うと『無力の形』になってしまう両刃の剣や。それでも、楽天の選手は無形の力を身に付けてくれるや

あとは監督の問題ですわな。まぁ、ゆっくり見とってください。

次に目標や。目標はシーズン五割。誰や、身の程知らず言うのは。試合の前から負けることを考えるアホがおるか!アントニオ猪木も怒っとるやないか。とにかく前任のハタ坊監督がきちんと整備してくれたんや。花を咲かせな、バチがあたる。繰り返すが目標は五割や。

 

■ 讀賣ジャイアンツ  モリタニ監督(文学士)

 

チームスローガン 軍曹野球-球界盟主篇-「男を見せてみろ!」

球界の盟主だとかいうからどんなチームかと思ったら、きてみて驚いた。このチームには軍曹すらいない。坊やかりじゃないか。特に野手がひどい。プロらしくバットが振れるのは数えるほど。あとはみんな一軍半だな。私はアンチ・ジャイアンツである。子供の頃も、YGマークの帽子なぞ被ったことがない。が、しかし、監督に就任した以上、真剣にやる。この坊やたちを、筋金入りの軍曹にしてみせる。そのために、私も指揮のスタイルを変える。盟主然として振舞う。したがって、当然のことながら見苦しい土下座などは一切しない。熊の被り物など、もってのほかである。

今シーズン、特にセリーグは監督の顔ぶれが濃い。厳しい戦いになるであろうが、なんとか、最下位だけは免れたい。

 

■ 阪神タイガース  金吾監督(中納言)

 

チームスローガン 「専守防衛」

昨シーズンは、某マスコミの偏向報道(事務局長註:どこが?)のために四面楚歌であったが、今年こそやってやる。公約はクライマックス・シリーズを制して日本シリーズ出場である。これがだめなら、楽天でもなんでも行こうじゃないか。


|

« 2007 監督決定 | トップページ | 卓上野球機構 球団監督に聞く 第二弾 »

2007 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

なるほど。「見苦しい」との自覚はあったのか。まあ、故下田コミッショナーに“公達”野球と呼ばれたチーム。さもありなん。

投稿: FOREST | 2007.02.17 11:17 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007 監督決定 | トップページ | 卓上野球機構 球団監督に聞く 第二弾 »