« 卓上野球機構 球団監督に聞く 第二弾 | トップページ | 卓上野球機構 球団監督に聞く 第三弾 »

2007.02.18

順位予想 第一弾

7名の監督から順位予想が寄せられました。ご覧ください。



キシダン

モジ

”ま”

金吾

コタカハシ

コバヤン

モリタニ

中日

阪神

阪神

中日

中日

中日

中日

阪神

中日

中日

阪神

阪神

阪神

阪神

ヤクルト

広島

ヤクルト

広島

広島

広島

広島

巨人

横浜

広島

巨人

巨人

ヤクルト

ヤクルト

広島

ヤクルト

巨人

ヤクルト

ヤクルト

巨人

巨人

横浜

巨人

横浜

横浜

横浜

横浜

横浜

福岡

日ハム

日ハム

日ハム

西武

ノー
コメント

日ハム

日ハム

福岡

福岡

福岡

日ハム

福岡

西武

ロッテ

西武

ロッテ

福岡

西武

ロッテ

西武

ロッテ

西武

ロッテ

ロッテ

楽天

オリックス

楽天

オリックス

楽天

楽天

オリックス

楽天

オリックス

楽天

オリックス

オリックス

 

各監督から寄せられた順位予想の結果である。ごらんのように、セは中日、阪神、パは日本ハムと福岡ソフトバンクがクライマックスシリーズ当確とみなさん予想されています。問題は3位。セでは広島を推す声が多くそれを追ってヤクルト。巨人はやはり厳しいか。横浜は一人の例外を除き一様に最下位を予測している。自チームの戦力を客観的に測れぬ監督で、大丈夫か、横浜は?その反対にコタカハシ監督は自チームをあえて2位にあげる慎重さだ。パはロッテと西武がクライマックスシリーズの残り1枠を争う展開と大方がみている。そしてパリーグにはもうひとつ、まさゆき楽天がどこまでやるのかという見所がある。しかし、NPCのオリックスより下に行くとみる人が二人もいるのには驚いた。その、まさゆき監督は、今回の順位予想ではノーコメント、沈黙を守っている。

 

-------------------------予想者のコメントは以下のとおりです--------------------------

     キシダン監督

(予想に関するコメントはありませんでした)

     モジ監督

広島は、ひょっとして①になるかも。オリックスは、NPCになると、意外と健闘するのでは?

     監督

セリーグ

     阪神は金吾監督が得意そうなフツーの良いチーム。去年は強すぎて負けたのでは?

     中日 大型連敗が一度はあるでしょう。だって監督が・・・・・。

     ヤクルト 持ち前の後半戦の強さを発揮し、ポストシーズンでインチキくさく優勝も?

     広島 安定感のありそうな戦力なので最後までAクラス争いには。

     巨人 どうみても「マスコミ的に」今期の目玉ですよね・・・。上原のがんばりで3位まであるかも?

     横浜 多村が果たして何ラウンドまで立っていられるかにかかっているような。

パリーグ

     日本ハムは特殊イベント「SHINJOの引退宣言」は4月のうちに起こしておいたほうがいいと思います。

     ソフトバンク 豪華投手陣には目がくらむ。短期決戦には強そうなのでプレーオフに出られれば。

     西武 松坂には全勝で最多勝を獲ってもらいたい!が、他の投手は上2つより劣るので3位ぐらい?

     ロッテ 完全無欠の「並」データ。あまりの「並」っぷりに凄みさえ感じます。5割ちょうどで4位と見た。

     楽天 学士理論、選手データの壁の前にまたも開花せず。かなあ?

     オリックス なんだか楽しみがないですよね・・・。だからといってNPCがノリを使いまくったりすると最下位決定でしょう

     大洋 ・・・って話がこないだ出てませんでしたっけ

     金吾監督

セは監督の好不調の波(特に中日、ヤクルト)によっては、大混戦では……。ソフトバンクは正監督が3分の2程度指揮をした場合は1位の可能性も。

     コバヤン監督

セリーグは、12位、35位はそれぞれ戦力的に僅差で熾烈な争いを予想。パリーグはデータを良く見ていないのでセリーグのみにさせてください。

      先日の監督会議ではモリタニ監督の大人の対応に心から感服致しました。頑として後進に道を譲ろうとしない某監督には見習ってもらいたいと思います(たぶん、見習わないでしょうが)。

     モリタニ監督

やはり戦力的に中日は圧倒的である。よほどのことがない限り、シーズン1位終了は固いのでは。追う阪神は投手陣に前年ほどの迫力がない。ヤクルト、広島は互角。それを巨人が追う展開で3位争いは激烈になるのではないか。横浜は戦力と監督の人格から最下位は免れまい。

パは総合力で日本ハムとするもソフトバンクも投手力からみて侮れない。西武は攻撃型チームに変貌しているので、監督の采配が問われるところ。ロッテは微妙。監督手腕で3位も十分ありうる。楽天は、さすがにNPCのオリックスより下ということはないだろう。

|

« 卓上野球機構 球団監督に聞く 第二弾 | トップページ | 卓上野球機構 球団監督に聞く 第三弾 »

2007 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

前年度、優勝チームがなんたることだ!

投稿: FOREST | 2007.02.21 11:25 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卓上野球機構 球団監督に聞く 第二弾 | トップページ | 卓上野球機構 球団監督に聞く 第三弾 »