« 2007シーズン 投手データ・パリーグ | トップページ | 2007年シーズンの運営方式について »

2007.01.27

検証・ジュマンジ効果

近年、まことしやかに機構関係者の間で囁かれるジュマンジ効果。ゲームの結果が現実になる、という映画のタイトルから取られたこの効果、本当のところはどうなのか、少し検証してみた。



TTBO 結果

リアルNPB

シーズン

セ優勝

パ優勝

日本一

年度

セ優勝

パ優勝

日本一

1999

横浜

ロッテ

横浜

1999

中日

福岡

福岡

2000

横浜

日本ハム

横浜

2000

巨人

福岡

巨人

横浜

西武

横浜

2001

ヤクルト

福岡

福岡

2001

ヤクルト

近鉄

ヤクルト

巨人

福岡

巨人

2002

ヤクルト

近鉄

?

2002

巨人

西武

巨人

?

?

?

2003

中日

西武

西武

2003

阪神

福岡

福岡

巨人

西武

巨人

2004

阪神

千葉ロッテ

千葉ロッテ

2004

中日

西武

西武

2005

巨人

日本ハム

巨人

2005

阪神

千葉ロッテ

千葉ロッテ

2006

横浜

福岡

 

2006

中日

日本ハム

日本ハム

 

1999年から始まった卓上野球機構。上表は機構のリーグ戦結果と史実の一覧である。ごらんいただけば判るとおり、2001年あたりからジュマンジの発動と思しき結果がみられる。特にここ3年は、ほぼ毎年のように、機構の結果が翌年の史実を再現するようになっている。本来、卓上野球機構はシミュレーションであるから、前年の史実をゲームで再現することが趣旨なのである。機構のシーズンはその前年のデータで戦われている。たとえば機構2006年シーズンは、史実の2005年の成績で戦われているのに。これはどうしたことか。

野球学士のまさゆき先生、なぜなのでしょうか・・・・?まさか今年は横浜がセリーグ優勝とか。

|

« 2007シーズン 投手データ・パリーグ | トップページ | 2007年シーズンの運営方式について »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007シーズン 投手データ・パリーグ | トップページ | 2007年シーズンの運営方式について »