« 検証・ジュマンジ効果 | トップページ | 私はこうして大洋ファンからファイターズファンになって苦労した »

2007.01.28

2007年シーズンの運営方式について

まもなく(2006の日本シリーズも終わっていないのですが)、新シーズンがやってまいります。その際の運営方式ですが、いくつか案が出ておりますので、この場で皆様のコメントをいただければと存じます。



1:史実(2006年)どおりの方式とする

(1)   パリーグは3位までのプレイオフを開催

(2)   セリーグはペナントレース1位が日本シリーズ出場

 

22007年のNPBの運営方式を先取りして実施する

(1)   セ・パ両リーグと、1stステージ3試合、2ndステージ5試合までのプレイオフを実施し、その勝者が日本シリーズに進出する

(2)   1位との5ゲーム差のアドバンテージはつけない

 

3TTBO独自の運営方式へ移行する【その1】

(1)12球団を(たとえば)以下の3地区に再編する

       東地区:ファイターズ、イーグルス、マリーンズ、スワローズ

       中地区:ライオンズ、ジャイアンツ、ベイスターズ、ドラゴンズ

       西地区:タイガース、バッファローズ、カープ、ホークス

(2)   12球団総当り(各カード6~8試合くらい?)とし、各地区1位と2位勝率1位でワイルドカード1チームを決め、4チームのトーナメントで日本一を争う。

 

案4:TTBO独自の運営方式へ移行する【その2】

(1)   セ・パ各リーグを2地区に再編する

       セリーグ東地区:スワローズ、ジャイアンツ、ベイスターズ

       セリーグ西地区:ドラゴンズ、タイガーズ、カープ

       パリーグ北地区:ファイターズ、イーグルス、ライオンズ

       パリーグ南地区:マリーンズ、バッファローズ、ホークス

(2)   リーグ内総当りとし、リーグ間交流戦も実施する

(3)   各地区勝率1位が、まずリーグ内で5試合のプレイオフを行い、その勝者同士が日本シリーズへ出場する。

 

案5:案4:TTBO独自の世界を構築する(一応言ってみます)

(1)   リアル球団をいったん解体し、各プレイヤーが選手に対し入札を実施して自分のチームを編成、ペナントレースを実施する。

(2)   選手は翌年もそのまま引き継がれ、新規出場選手のみを新たなドラフトの対象とする。

 

以上です。

みなさまのコメントをお待ちしております。

|

« 検証・ジュマンジ効果 | トップページ | 私はこうして大洋ファンからファイターズファンになって苦労した »

2007 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

次回監督会議で決定したいと思うのですが、いかがでしょうか?

投稿: 事務局長 | 2007.01.28 11:28 午前

 交流戦も含めた試合日程を考えると、3と4は、どう編成したらよいか、分からないのですが?

投稿: FOREST | 2007.01.28 12:31 午後

(案2)が最後まで一番ペナントを楽しめそうな気がします。
(案3)(案4)は確かにコミッショナー様が一番大変そうですね。

個人的には(案5)のドラフトリーグをやってみたいです。
大学の時も一部でドラフトリーグはやっていたようなのですが、私は参加できなかったので。
ただ、戦力均衡を目的としたドラフトということであれば、
(案5)の(2)は変更した方が良いかもしれませんね。
引退する選手や、突如ブレイクする選手による戦力不均衡が生じると思います。

この場合、支配下選手のうち10人までをブロックした上で、それ以外の選手は
再度全員ドラフトというのが一番良いのではないかと思います。

投稿: 半 | 2007.02.04 02:03 午前

>ただ、戦力均衡を目的としたドラフトということであれば、
>(案5)の(2)は変更した方が良いかもしれませんね。
>引退する選手や、突如ブレイクする選手による戦力不均衡が生じる
>と思います。

たしかにそうですね。
ただ、将来性を見越して、今年は駄目でも安く青田買いしておくとか、あるいは今年がピークで来年以降はだめだろうとか、そういう眼力も含めて最初のドラフトというのもありではないかな、とも思ったりしてます。

投稿: 事務局長 | 2007.02.04 01:57 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検証・ジュマンジ効果 | トップページ | 私はこうして大洋ファンからファイターズファンになって苦労した »