« 12月定例結果・セリーグ | トップページ | 2007年 今年もよろしくお願いします »

2006.12.17

憂鬱と歓喜と

12月定例での監督三態であります。

Kc280014

まさかの横浜マジック点灯に、一切笑顔が消えて、沈痛な面持ちの金吾監督。シーズン開幕前、誰がこのような終盤を予期しえたであろうか。とまれ、勝負は最後までわからない。まだ優勝の望みはあると、必死に自分に言い聞かせる、そのさまこそ同情を誘う。

Kc280015001

マジック1点灯で7シーズンぶりの優勝に王手をかけたモジ監督は、喜びを隠そうにも隠し切れない。もう優勝したも同然と思っているのは間違いない。だが、残り2試合、どんな落とし穴が待っているか誰にもわからないのだ。

Kc280016001

さだまさし、ではありません。最下位の危機に瀕している巨人。そんな巨人に誰がした・・・・私です。まさゆき監督はもはや悟りの境地か?来季は楽天監督で再び修行モードに入る予定だとか。

|

« 12月定例結果・セリーグ | トップページ | 2007年 今年もよろしくお願いします »

2006 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

 おっかしーなー。そーいー場面での写真じゃなかったはずだが? ふらいでー、の捏造?

投稿: FOREST | 2006.12.18 12:15 午前

今週の「ふらいでー」見出し。

◇「楽天送り」有力3候補の決戦前夜

投稿: 中吊り大賞 | 2006.12.18 12:57 午前

ふ、写真とられた時点で覚悟してもらわないと。

投稿: エンドラン編集部 | 2006.12.18 12:57 午前

>◇「楽天送り」有力3候補の決戦前夜

すばらしい見出しです。
負けた・・・・。

投稿: エンドラン編集部 | 2006.12.18 12:59 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月定例結果・セリーグ | トップページ | 2007年 今年もよろしくお願いします »