« 11月定例結果・セリーグ | トップページ | 12月定例結果・セリーグ »

2006.11.19

11月定例結果・パリーグ

パリーグはリーグ戦を終了。いよいよポストシーズンへ突入する。プレイオフへ進出したの3球団は・・・・。



 

 

監督

ソフトバンク

72

47

24

1

0.6620

-

0

子連

千葉ロッテ

72

46

26

0

0.6389

1.5

0

西武

72

36

35

1

0.5070

9.5

0

”ま”

北海道日本ハム

72

34

36

2

0.4857

1.5

0

コタカハシ

東北楽天

72

23

48

1

0.3239

11.5

0

ハタ坊

オリックス

72

22

50

0

0.3056

1.5

0

GTO

 

ファイターズの猛追もついに及ばなかった。結局、プレイオフ進出はホークス、マリンーズ、そして最後にライオンズが滑り込んだ。ファイターズは11月定例に4試合を戦い全敗。プレイオフ進出を意識しすぎて監督も選手もサイコロもガチガチ。最後は勝ちに慣れた老練なライオンズにうっちゃられた。

さて、問題のプレイオフであるが、戦力的には西武は厳しい。ていうか首位に9.5ゲーム差もあるし、万が一、ファーストステージでマリーンズを下すことができたとしても、1勝のアドバンテージを持つホークスが圧倒的に有利であろう。

マリーンズはライオンズ撃破をなしたあとのホークス戦をどう戦うかが見所。和田、杉内と渡辺俊介。投手戦の様相を呈すことが予想されるが、どうなるか。やってみなければわからないところである。

イーグルスはついにやった。5位でペナント終了。ハタ坊監督は奇将(奇跡の将)の面目を果たした。昨シーズンは巨人で日本一。今シーズンは楽天で5位浮上。その奇跡の采配には、もはや何人たりとも異論を挟むことができぬ。ここに、新たな英雄が誕生したのである。機構の歴史にまた1ページ。

バッファローズはかろうじて、勝率3割を保った。チーム打率より高い。良かったね。GTO監督は今シーズン新規参入ながら、弱体チームを率いて敵前逃亡することもなく1シーズン、よく頑張り通した。えらい!


|

« 11月定例結果・セリーグ | トップページ | 12月定例結果・セリーグ »

2006 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

ソフトバンクは、誰がやるのかな?

投稿: WOOD | 2006.11.21 11:46 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月定例結果・セリーグ | トップページ | 12月定例結果・セリーグ »