« 【事務局日記 15】 | トップページ | 10月定例結果・パリーグ »

2006.10.09

10月定例結果・セリーグ

タイガースの首位は動かぬものの、ベイスターズも追撃の手を緩めない、緊迫のペナントレース。しかし、その横浜に不正首位争い疑惑が浮上。機構が揺れている。



 

 

監督

阪神

55

34

20

1

0.630

-

17

金吾

横浜

55

33

20

2

0.623

0.5

17

モジ

広島

53

29

23

1

0.558

3.5

19

今林

ヤクルト

54

25

28

1

0.472

4.5

18

森谷

巨人

59

25

33

1

0.431

2.5

13

まさゆき

中日

57

21

35

1

0.375

3.0

15

岩隈藤川

 

横浜は未だ首位奪還をあきらめていないようだ。首位・阪神に0.5ゲーム差で食い下がっている。「ウチはチャレンジャーだから」と優勝への抱負をほとんど語ろうとしないモジ監督であるが、それは「優勝」の2文字を口にしたらツキが逃げるから、というジンクスを信じているからに他ならず、阪神追撃への意欲は衰えていない。

しかし、その横浜に「不正首位争い」ではないか、との疑惑が急浮上している。横浜は対阪神戦を実に7試合も残している。今シーズンは各カード12試合プラス12試合の交流戦、合計72試合で編成され、残り20試合を切るというのに異常な対戦数の多さは、裏を返せば、それまで横浜が阪神とほとんど対戦していないということ。つまりシーズン中盤までBクラスチームを中心の日程を組み、見せかけの首位を演出しているにすぎないというのだ。事実、ここまで横浜は阪神に14敗と大きく負け越しており、直接対決がもう少しあれば、とても優勝争いはしていられないだろうという見方もある。日程編成を行ったのがコミッショナー・モジ氏であることが、この疑惑の火種となっているが、「まさか横浜が本命・阪神と首位争いをするなどという結果は、誰も予想していなかったし、単なる偶然のイタズラです」(コミッショナー事務局)と言われれば、確かにその通り。なんにしても、残る直接対決の結果次第で、ペナントの行方はどう転ぶかわからないわけで、シーズン終盤までもつれる展開が期待できるのは喜ばしいことである。

 

いっぽう、かろうじて首位キープの阪神は、10月定例では巨人に連敗するなど黒星先行で負け越しの不調。まさゆき巨人に【藤川ホームラン倶楽部】を結成されるなど精彩を欠くチーム状態に加え、背後にヒトデの「ハア、ハア」という怪しい息遣いを感じており、金吾監督の顔色も冴えない。「こうなったら直接対決で叩きまくり、引導を渡してやるしかなさそう」と、気を引き締めていた。

 

一時、首位を窺う勢いだった広島は、526日から1分けを挟んで7連敗を喫して、首位戦線から大きく後退。投打とも主軸に故障者続出での頽勢では如何ともしがたい。かくなる上は、Aクラスはミニマムの死守決戦線であり絶対国防圏。幸いなことに4位ヤクルトとは4.5ゲーム差あり、これは固いところであろうか。今林監督は、ヒストリカル以上の位置でのシーズン終了を花道に、来季の中日監督就任を目論んでいると伝えられ、Aクラスだけは絶対に守る構えだ。

 

この広島の下にいるのはヤクルト。ここへ来て好調で、借金も3まで減った。広島が落ちてきたこともあり、「ひょっとしたら上(Aクラス)も狙えるかも」という不遜な野心が、森谷監督の心中に芽生えてきたとの噂もある。ヤクルトは広島との対戦を、これもなんと8試合も残しており、直接対決で上へゆくチャンスは十分にある。一時は「金吾を楽天送りにするためなら、なんでもする」と、暗に広島接待をも示唆していた森谷監督。しかし、優勝戦線から脱落しつつある広島をいくら接待しても、もはや「金吾楽天送り」を達成することはできない。最後はわが身可愛さに走る模様だ。

 

巨人は当面の目標を4位浮上におき反攻に転じたいところ。まさゆき監督の信賞必罰路線は徐々に成果を出しつつあるとのことで、「久保が先発で好投した」「元木がエラーのあと、バットできっちり借りを返した」「川中が仕事をするようになった」「ローズがファームでおとなしくしている」などの朗報が伝えられている。阪神にも勝ち越して、ちょっとだけ明るい光もさしてきた巨人。次の課題は打率2割に届かぬ主砲・小久保をどう復調させるかであろう。

 

中日は最下位に沈んだままだが、ときおり、閃光を発して上位チームに痛撃を浴びせる試合もみられる。もともと、データがそんなに悪いわけではない。特に阪神、横浜の上位2球団は取りこぼしが命取りになる恐れもあり、要注意だ。


|

« 【事務局日記 15】 | トップページ | 10月定例結果・パリーグ »

2006 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

6月4日のヤー中戦で、ヤクルト藤井がノーヒット・ノーランを達成していたのを気づきましたか?

投稿: WOOD | 2006.10.13 02:55 午後

えええ、全く気づきませんでしたがああ・・・・それって、私がプレイしたんですかあ!?

詳しい試合経過を教えてください。

投稿: 事務局長 | 2006.10.15 04:20 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【事務局日記 15】 | トップページ | 10月定例結果・パリーグ »