« シーズン終盤。個人タイトル争いも過熱! | トップページ | 判明した学士"まさゆき"驚愕野望の全貌 »

2006.03.11

次回定例はまさに天王山の坩堝!



前回定例終了時点の順位は以下のとおりである。

 

パ・リーグ(全日程終了)

 

ダイエー

70

44

25

1

.638

-

0

日本ハム

70

40

29

1

.580

4.0

0

西武

70

36

33

1

.522

4.0

0

オリックス

70

30

38

2

.441

5.5

0

ロッテ

70

30

39

1

.435

0.5

0

近鉄

70

27

43

0

.386

3.5

0

 

 

パリーグはいよいよ上位3球団のプレイオフが開始されるが、西武は首位ダイエーに結局8ゲームも離され、1勝のハンディを背負うという最悪の展開に。ラスト3試合のオリックス3連戦で3連勝を目論見、もろくも3連敗したことが響いた。奇跡は起こるのか?

 

セリーグ

 

ヤクルト

66

39

26

1

.600

-

4

巨人

67

39

27

1

.591

0.5

3

阪神

68

39

28

1

.582

0.5

2

中日

68

32

35

1

.478

7.0

2

広島

70

26

42

2

.382

6.5

0

横浜

67

25

42

0

.373

0.5

3

 

セリーグは、ご覧のとおりヤクルト、巨人、阪神が1.5ゲーム内に鎬を削る大接戦状態。こはすべてリアル優勝データの中日がまったくダメであったことに起因する。阪神が優勝すればリーグ連覇達成。ヤクルトが優勝すれば、ジュマンジ再現も期待できる。巨人優勝ともなれば、まさにメイクドラマ、メイクミラクルである。横浜は最下位脱出なるかが焦点。脱出できなければ監督は楽天送りか!?


|

« シーズン終盤。個人タイトル争いも過熱! | トップページ | 判明した学士"まさゆき"驚愕野望の全貌 »

2005 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

 もし、巨人が優勝したら、メーク・ドラマでも、メーク・ミラクルでもなく、メイド・バイ・HIROSHIMAでは?

投稿: FOREST | 2006.03.12 12:56 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーズン終盤。個人タイトル争いも過熱! | トップページ | 判明した学士"まさゆき"驚愕野望の全貌 »