« 【事務局日記 10:WBCの見所?】 | トップページ | シーズン終盤。個人タイトル争いも過熱! »

2006.01.30

2006シーズン・監督第一次エントリー結果のお知らせ



卓上野球機構の2006年シーズン第一次監督エントリー結果が下記の通り判明した


卓上野球機構の2006年シーズン第一次監督エントリー結果が下記の通り判明した。

幸いなことに(?)今のところ第一希望は重複していない

 

 

1希望

2希望

1

2

1

2

巨人

F原

-

ハタ坊

-

阪神

金吾

-

-

-

中日

-

-

-

K林

広島

K林

-

-

横浜

モジ

-

-

-

ヤクルト

森谷

-

-

-

ソフトバンク

ハタ坊

-

F原

金吾

ロッテ

-

-

-

西武

-

-

森谷

-

オリックス

-

-

-

-

日本ハム

小ハシム

-

小ハシム

-

楽天

-

-

モジ

-

 

 

今回のエントリーでは、各監督とも熱い思いをぶつけてくれた。現横浜監督のモジ氏は「もちろん、ベイスターズ以外に私が指揮するチームはない。第二希望だあ~~?。あえて言うなら残り11球団全部よ」と、もう、横浜監督の座は安泰と楽観しているようだが、ここ数シーズンBクラスに沈ませている責任はどう取るつもりであろうか。11球団すべてというならどこでも良いのだろうと機構事務局は勝手に判断。第二希望は楽天としておいた。第二次エントリーで誰かが横浜を第一希望とぶつけてきた場合、世論の行方しだいでモジ監督は楽天送りであるから、首を洗って待っているように。

対照的に謙虚な姿勢を崩さないのが今林監督(現中日)。

第1希望は広島。セリーグで他は空いてなさそうなのでね。第2希望は中日にしておきました。仮にも優勝データでBクラスは許されないと思いますが、他に希望者がいなければ是非、続投してみたい」

実に清清しいコメントである。ちなみに今林監督は常々パリーグはDH制が災いしてゲームの面白さを削いでいるというのが持論。パリーグならロッテを希望したいところだが、優勝データでBクラスという実績ではおこがましいと、遠慮したのであろう。まさに、実るほど頭を垂れる稲穂かな。モジ監督の無反省な態度の後だけに、心が洗われるようではないか。しかし、最後に

「西武が日本一を逃した場合、楽天監督は中日監督と西武監督のどちらかが懲罰としてやるのでしょうか?」

と牽制球を忘れないあたりは流石である。なるほど、森谷監督も楽天送りの候補ということである(笑)。

いまや、「東部戦線送り」と同義になりつつある恐怖の言葉・楽天送り。さすがに今のところ楽天を第一希望とする豪の者は出現していないが、しかし、あえて自らその可能性に言及しているのがハタ坊監督である。

「巨人で優勝を逃した場合は、第一希望・ソフトバンク、第二希望・巨人。しかし、巨人が見事優勝を果たした場合、甘んじて楽天を引き受けましょう!」

つまり、2005シーズンにハタ坊・巨人が優勝した場合、自動的に楽天監督が決定することになる。本人も「これだと、楽天の確率80%くらいですかね?」と覚悟の上の発言。ある意味、楽観的ではあるが、しかし、見事である。機構にも、まだまだ漢(おとこ)が残っていたのである。自ら東部戦線行きを志願するとは、マントイフェル将軍をして顔色なからしめるほどの勇気ある態度である。

第一希望をロッテとした半監督は、第二希望の広島について「実は投手も打線も強いと思うのは私だけでしょうか」と述べているが、確かに「私だけ」ではなかったようだ。第一希望がいますからね。

F原監督は「第1希望・巨人。第2希望・ソフトバンク。まぁ巨人がダメならどこでもいいです」とあいかわらずの巨人好きであるが、幸いなことに、巨人は往年と異なり34人が奪い合うような人気球団ではなくなっており、すんなり就任が決まりそうである。しかし、リアル2005年巨人のデータは惨憺たるもの。果たして1シーズン、士気を維持できるであろうか。また、「巨人以外ならどこでもいい」という大胆な発言は、つまり巨人がだめなら「楽天でもいい」ということなのであろうか?不退転の決意で臨む巨人監督ということであろう。是非、優勝を目指してほしい」

さて、金吾監督である。

「希望は以下の通りである。すなわち、第一希望は当然ながらセ三連覇した同然の阪神。第二希望は、そうだな、私ほどの人間が指揮する価値があるチームといえばロッテ….はあまりにも安直なので、ソフトバンクとさせていただきます。」

阪神かロッテ。西軍で関白か東軍で備前・美作55万石か。悩みぬいた末の決断であろうか・・・・。

“ま”監督は

「ヤングレオ打線には魅かれますね。第1希望・西武、第2希望・ヤクルトでお願いします。」とのこと。投手力については豊田?なんのことでしょう?」と醒めている。

現西武・森谷監督との予定調和で、これもすんなり就任であろう。

小ハシム監督は「今シーズンに引き続き、第1希望、第2希望とも北海道日本ハム」とこちらも不退転の覚悟である。2005シーズンではプレイオフ進出を果たしており、世論も納得というところか。

なおケシダ監督は「来期も常時参加できるか不確かなため、代理監督で日程進行に協力したい」とのこと。参加をお待ちしています。

 


|

« 【事務局日記 10:WBCの見所?】 | トップページ | シーズン終盤。個人タイトル争いも過熱! »

2006 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

よく考えてみるとハタ坊発言、別に勇気ある態度でもなんでもないかも。つまり2005シーズンは「まず、巨人で優勝はないだろう」と高をくくっているのだ。始まるかな、巨人接待攻勢!

投稿: 事務局長 | 2006.01.30 01:47 午前

おわび。
上記表に漏れがありました。
”ま”監督は、
第一希望:西武
第二希望:ヤクルト
です。しつれいしました。

投稿: 事務局長 | 2006.01.30 01:51 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【事務局日記 10:WBCの見所?】 | トップページ | シーズン終盤。個人タイトル争いも過熱! »