« 【事務局日記 6】 | トップページ | 2005年・打撃データ »

2005.11.03

【事務局日記 7】

ロッテファンからの手紙

リアルの日本シリーズも思わぬ結果に終わり、秋も深まる今日このごろ。
卓上野球機構・2006年シーズンに向けてデータ収集に余念のない事務局のもとに、ロッテファンからお便りが寄せられた。大方、ロッテ大勝に酔いしれてのメッセージであろうと、高を括っていたら、そのあまりの奇怪な内容に、背筋が寒くなってしまった。
ご紹介しよう。

------------------------------------------------------------

拝啓

今回の日本シリーズの結果はロッテファンからみても驚きでしたが、実は結果以上に驚くべきことに気づきました。
以前、事務局長は「卓上野球にはジュマンジ効果があるのでは」とおっしゃっておりましたが、先シーズンの卓上野球機構の日本シリーズの対戦カードと勝敗を覚えていらっしゃいますか?・・・・・・
今回のリアルのシリーズで、ロッテが2連勝したあたりで、「もしかしたら」と思い始めたのですが、まさかそっくり同じ展開・勝敗になるとは驚きです。他人に話をすると魔法が解けてしまいそうだったので、今日はじめてお便り致しました(本心)。 駄文失礼致しました。それでは。

------------------------------------------------------------

いや、実はご指摘のジュマンジ効果、事務局長はシリーズが終わってから、気がつきました。酒を呑みながらぼんやりシリーズのことを考えていて、そういえば先シーズンの機構のシリーズも、ロッテー阪神だったよなあと思い出し、その結果をたどってゆくうち、愕然としました。

初戦ロッテが降雨コールド勝ちのあと3連勝。あまりに無気味な符合に、一瞬、凍りつきました。
さすがに、機構での阪神は3試合で30点も取られなかったと記憶しますが。
しかし、これ、偶然なんでしょうか・・・・。
ゲームでのペナントの結果が、翌年を先取りすることは時々あると気付いていましたが・・・・。
野球ゲームのデータは、未来を暗示しているのでしょうか?
機構の記録をあたってみないと確かなことは言えませんが、昨年を再現するはずの卓上野球が、なぜか未来を先取りしてうことは、確かにあるようですね。不思議だ。

機構記録部長殿:
ちょっと調べてみていただけませんか?

【映画 ジュマンジ】
製作 : 1995年・アメリカ
プレイの内容が現実に起こる不思議なゲーム盤を巡って展開する、ファンタスティックなSFXアドベンチャー。

|

« 【事務局日記 6】 | トップページ | 2005年・打撃データ »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

何年もSPI最強を誇った-5の某ピッチャーも、もしや某監督の引き起こしたジュマンジ効果で・・・!?

投稿: Giants愛 | 2005.11.04 08:59 午後

いや、あれは「逆ジュマンジ効果」ではないかと思うのですが・・・。

投稿: 獅子の尾 | 2005.11.05 12:06 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【事務局日記 6】 | トップページ | 2005年・打撃データ »