« 2005注目選手 | トップページ | パリーグ順位表(最終) »

2005.03.08

【事務局日記 5】

野球学士のマサユキ様。教えてください。
データを算出していて気がついたのですが、2004年シーズン、セリーグは犠打数が著しく減少しております。

セ・リーグ 651(03') ⇒ 463(04')
パ・リーグ 548(03') ⇒ 535(04')
-----------------------------
阪神  123(03') ⇒ 67(04')
ヤクルト 119(03') ⇒ 74(04')
中日  117(03') ⇒ 101(04')
巨人 88(03') ⇒ 51(04')
広島 126(03') ⇒ 77(04')
横浜 78(03') ⇒ 93(04')
-----------------------------

チームごとに見ても、大きく(異常なまでの)減少です。
これはいったいどうしたことでしょう。

ストは2試合ですから、まあ、関係ないでしょう(パはほとんど減っていないし)

オリンピックのせいですか?
ナベツネのせいですか?
ライブドアのせいですか?
海は死にますか?

学士様、ぜひ、教えてください。


|

« 2005注目選手 | トップページ | パリーグ順位表(最終) »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

 広島が激減したのは、嶋を二番に置いたせいでしょう。ヤクルトは、宮本の不在が原因かな。 でも、阪神は?

投稿: WOOD | 2005.03.09 12:03 午前

…ここにも修業ドランカー予備軍がおったようぢゃの。
予防のためには早めの犠打・継投が一番!

投稿: 光塩爺 | 2005.03.09 07:09 午後

アスレチックス型評価理論に毒されてしまったのでしょう、おそらく。
あとは……『野球小僧』の最新刊読み直して勉強しまっす。

投稿: 野球学士 | 2005.03.11 07:14 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2005注目選手 | トップページ | パリーグ順位表(最終) »