« チーム別対戦成績(2005年1月例会) | トップページ | パ・リーグ順位表(2005年1月例会) »

2005.01.12

セ・リーグ順位表(2005年1月例会)

チーム 投手 完投 完封 HR
阪神 57 37 18 2 0.673 - 277 227 173 11 5 59
中日 63 38 24 1 0.613 2.5 266 233 208 7 6 67
巨人 65 33 32 0 0.508 6.5 296 258 143 22 3 100
横浜 61 27 33 1 0.450 3.5 267 277 173 9 1 102
ヤクルト 55 22 32 1 0.407 2.0 263 282 182 7 3 82
広島 57 18 38 1 0.321 5.0 212 307 166 12 2 52

注目の首位攻防戦。阪神-中日3連戦。
試合前、阪神・金吾監督は
「3タテして一気にマジックを点灯させる」
と意気盛ん。対するK林監督は、
「とにかく最善を尽くし、間違ってもマジック点灯などさせないようにしたい」
と、きわめて控えめなコメントだった。

第1戦は、阪神・下柳、中日・平井の両先発が一歩も譲らぬ息詰まる投手戦を繰り広げ、2-2のまま延長戦に突入。中日が平井から岩瀬、落合、大塚、遠藤、山北とつなぐというブルペンが空になる総力戦を展開すれば、阪神もリガン、吉野、安藤を次々とマウンドへ送る。一発出ればあっさり決まる試合だったが、そこが長打力のない両打線の哀しさ。結局、阪神が延長12回裏サヨナラ勝ち。9回まで1点をリードしていた中日は、土壇場で追いつかれ、結局は試合を落としてしまう。K林監督は「勝ち試合を落とした」と天を仰ぎ、くやしがることしきりだった。
これで流れは阪神か、と思われたが、続く2試合は中日が、4-1、 7-2 と勝利を収め、ゲーム差をひとつつめた。勢いに乗る中日は、続く広島3連戦でも、光塩爺率をあっさり3タテ。光塩爺の厳島調伏作戦は打倒された。この間、いっぽうの阪神もヤクルトに連勝。ゲーム差はまだ1.5ある。
K林監督は試合後、
「とにかくウチは投手戦にならないと勝てない。3タテされないという目標は達成できたし、なんとかチャラで終わることができた」
と胸をなでおろしていた。

この後、再び中日-阪神の3連戦。ここまでくれば一気に首位を奪いたい中日。両軍ベンチにも緊張感が漲る。
初戦の先発は、奇しくも同じ阪神・下柳、中日・平井。しかし、前回好投した下柳はその実力を暴露。わずか2回で降板。中日打線は阪神が繰り出す金澤、石毛、ムーア、リガン、ウィリアムス、西川ら6投手を滅多打ちして大量12点を奪い大勝。投手陣が枕を並べて討ち死にしてゆく様を、為す術もなく見守る金吾監督の表情にも、ようやく憂色が漂い始めた。続く第2戦も、このカードには珍しく点の取り合い。阪神・濱中にアリアスと並ぶ16号が飛び出せば、中日も大西9号、谷繁14号で応戦するが、エース井川が8回を踏ん張った阪神に軍配があがる。第3戦は一転して投手戦。3-3の引分に終わる。この時点で中日は貯金18、阪神は17。勝率では阪神が首位だが、ゲーム差では中日が上回り、阪神楽勝という雰囲気でもなくなってきて、リーグに緊張が走った。

中日は翌日から横浜と、阪神は巨人との3連戦。
5位横浜と戦う中日有利というのが下馬評。あわよくば3連勝もというのがK林監督の目論見。しかしここに思わぬ落とし穴が。相手がピンピン魔神MOJI監督であることを忘れていた。横浜はウッズ22・23号、多村19・20号、村田9号という一大本塁打攻勢で大量17点を奪い、中日ベンチは完全に士気阻喪状態。このムードを引きずったか、第2戦は3-4で一点差試合を落とす。まさかの連敗。蒼ざめるK林監督。第3戦はかろうじて勝ったものの、対横浜3連戦の負け越しは完全な計算外だ。
いっぽうの阪神。巨人との3連戦にも肩の力は抜けてリラックスムード。
「巨人恐れるにたらず」
「だって巨人は、投打にわたって穴だらけ」
「男は黙ってエンドラン」
と言いたい放題ヤリタイ放題。
言葉どおり2勝1敗で貯金を増やし、満面に笑みを浮かべる金吾監督。
言われ放題やられたい放題の巨人F原A監督には、ダイエーを指揮し日本一を成し遂げた頃の精悍さはいまやない。
「1試合5本は放り込まないと収まらない」
などと公言し、ひたすらピンピンを狙うその姿は、ホームラン餓鬼にも似た凄愴の気を帯びつつあり、これも巨人の祟りであるかとの囁きが周囲から聞こえ始めている。
5位ヤクルトの”ま”監督も、ケン砲、ラミ砲の一発のみが楽しみの隠居状態となりつつあり、試合終盤には「タ~カ~ツ~」の叫びも恒例である。がんばれ!

|

« チーム別対戦成績(2005年1月例会) | トップページ | パ・リーグ順位表(2005年1月例会) »

2004 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

暴走特急“近鉄”の記事もよろしく。もともとバランスよく、下位にいたのが不思議なチーム。優勝も狙えると思いますよ。

投稿: WOOD | 2005.01.13 12:11 午前

ほんとにおっしゃるとおりですね。
パリーグのほうも書くつもりですが、ちょっと仕事が月曜日までいろいろありまして。

もう少し時間ください。

多謝!

投稿: 事務局長 | 2005.01.13 11:37 午後

 おう、待ってまっせ。

投稿: FOREST | 2005.01.16 12:08 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チーム別対戦成績(2005年1月例会) | トップページ | パ・リーグ順位表(2005年1月例会) »